カテゴリー「あこがれの北海道」の記事

2010年3月20日 (土)

帰宅

帰宅

強風で飛行機の釧路出発は遅れたし、羽田着陸時にはかなりフラフラ怖かった。
おまけに、3連休初日のために羽田からのバスが小1時間遅れて、結局22時半に帰宅。
でもまあ、無事で良かった。
ホッとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早くもラスト

もう最終日だよ(T_T)。
早くもラスト
なんとまあ、朝6時前に目が覚めた。
雌阿寒岳が大きく見える。
寒さもそれほどじゃない。
春近しだな。
こんな気候じゃ、流氷が見られないのも仕方ないか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

2日目

朝食を食べ、ホテルの14階の窓から札幌駅を眺める。
2日目
今日はイイ天気で、まだ雪は降ってない。
さぁ、これからバスで旭山動物園だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

新千歳空港から札幌へ

快適なフライトで、朝8時半、北の大地着。
電車で、札幌へ向かう。
新千歳空港から札幌へ
予想よりイイ天気^^。
窓の外は、雪だらけ。
外を撮ったら、偶然、距離スキーの人が写ってた。
すごい。
北欧みたいだ^^。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

休みだ!

千葉の野田での仕事、終了。
さぁ、明日から連休だ!
暦の旗マークとは少しずれて、木~日曜曜日の4連休。
その最初の3日間が、北海道だ。

昨日、私の留守中に旅行社から電話があって、流氷はやはり見られないらしい。
残念だけど、一面の雪景色を目の当たりにし、厳しい寒さを体験するだけでも、僕らにとっては充分に観光なのだ。
楽しみだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

網走「海明け」

今日、網走地方気象台今年の「海明け」を発表した

「海明け」というのは、「全氷量が5割以下になり、かつ沿岸水路ができて船舶の航行が可能になった最初の日」だそうで、それが今年は2月22日だったという。
1956年統計開始以来、3番目に早い「海明け」。

当然の事ながら、後日発表されるであろう「流氷終日」も、それに伴って早期になると思われ、地元では「3月12日」がそうなるのではないかと言われているらしい。

今回の旅行での流氷見物は、残念だけど無理みたいだな…。

雪は多い冬だったけれど、海は暖冬だったんだなぁ。
ま、史上3番目じゃ仕方ないわ。

「3」か…。
全然関係ないけど、長嶋の背番号だ。
イイ数字^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

あと1週間

高校受験の終わったボウズの希望で行く北海道旅行まで、あと1週間になった。

準備期間も短かったので、2泊3日の安ツアーに乗っかる事にした。
1日目は、早朝に羽田を発ち、新千歳空港着の後は、終日フリーで札幌泊。
2日目からはバス移動で、札幌→旭山動物園→層雲峡氷瀑まつり→足寄→阿寒湖泊。
3日目は、阿寒湖と摩周湖を覗いた後、網走に入り、破氷船オーロラ号で流氷見物してから、女満別,釧路,帯広いずれかの空港より羽田へ戻る。
と、こんな感じだ。

このうちで我々2人にとっての‘目玉’は、なんと言っても流氷だ。

以前の道東旅行で見たオホーツク海が、冬はどんな氷で覆われているかを見てみたい。
だから、旅行計画開始当初には、2種類の流氷船に乗れるツアーをチョイスした。
ところが、これが催行中止。
最初は、その理由がよく分からず当惑したのだが、その後、色々調べてみて、原因がハッキリした。
この3月第3週あたりって、流氷が見られるか見られないか極めて微妙な時期なのだ。

流氷サイト」に載せられたデーターを見ると、2004~2009年の6年間の「流氷終日」は、3/24,3/26,3/25,4/13,4/10,3/17という感じで推移している。
基本的に近年では流氷の絶対量自体が昔よりも減っていて、この冬もここまで少ないから、旅行社としても‘W流氷体験’なんて企画はもうこの時期打てないのだろう。

なるほどねぇ…。
流氷を見たいなら、せめて2月中に行くのが正しいみたいだ。
それでも、見られるか否かは‘運しだい’らしいけど^^;。

見られなくても仕方ないな、流氷…。

Ryuuhyou20100311ただ微かながら望みも残っている。
一昨日・昨日の寒波で、うんと沖合いにあった流氷群が今日あたりは網走にかなり接近したのだ。
「第一管区海上保安本部海氷情報センター」のサイトには、3/11付けでこんな海氷速報も載っていた。
あぁ、あと1週間。
そのままそこにいてくれとは言わないが、仲間をどんどん連れてきてくれ、氷たちよ。
たのむ(-人-)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

また行けそうだ^^

高校受験を終えたボウズが、来月の中学の卒業式が終わったら、どこかへ旅行に行きたいと言う。
そうだそうだ、そういう約束をしていたっけ。

「どこがいい?」
「流氷。」
私のスケジュールを見ると、2泊3日ならなんとかなりそう。
「よし、行こう。約束だったもんな。」

もちろん、北海道までは恐怖の飛行機移動。
そして、今回は2人なので、安いパックツアーに乗っかっちゃう事にした。
その方が経済的にも精神的にもラクだし、慣れない雪道は怖いし、バスなら酒も飲めるしねw。
どのツアーにするかはまだ未確定だが、幾つかの候補には絞れた。
ここ数日のうちに決まるだろう。

ありがとう、ボウズ。
オマエのおかげで、冬のオホーツク海が見られるわ^^。
またローンが増えるけど、ま、仕方ない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

池袋の「炭火豚丼専門店 十勝」

今日はフェーン現象で、暑い。
気温自体はひと頃のような30℃台後半といった酷暑ではないのだけれど、最近涼しい日が増えていた為か、妙に身体にこたえる蒸し暑さだ。
イマイチ食欲は無いけれど、一旦帰宅する前に、池袋で昼飯でも食べていくか。
何にしよう…。
そうだ、以前入れなかったあの豚丼店にしよう。

Tokachi1炭火豚丼専門店 十勝」。
池袋駅東口を出て、横断歩道を渡って、みずほ銀行横の路地を入って、すぐ右折した所の地下。
以前、ディスカウントチケット店があった所だ。

13時少し前、狭い階段を下りて入店。
へえ、新しくて、けっこう広い店だぞ。
6人分くらいのカウンター席と、4人がけのテーブル席が7つくらいある。
Tokachi2店のなるべく奥にあるテーブル席に座って、メニューを見る。
ふむふむ、「カルビ豚丼」と「ロース豚丼」の2種類があるのですな。
どっちにしよう…。
そうだなぁ、今日は食欲イマイチだから、アッサリと「ロース豚丼」にしておこう。
小・中・大とあるのか…、ほんじゃ、「大」だな。

Tokachi3はい、「ロース豚丼 大」1180円です。
白髪ネギが、なかなかキレイ。
味付けはやや甘めで、万人向けな感じ。
脂身の少ないロース肉は、一口サイズに切ってご飯に載せてあるので、食べ易いといえば食べ易い。
が、個人的にはちょっとツマラナイし、パサつきも気になる。
更に‘好み’で言うなら、肉とご飯の間の刻み海苔もジャマだな。
肉自体が美味しいなら、こんな所に磯の香りは要らない。
ま、次回の来店時には「海苔抜きで」と頼もう。

小さい器に入った豚汁は、ダシが効いていて、具も沢山で、とても美味。
あとは、白菜のお漬物付き。

という訳で、全体としては特筆すべき個性は無かったものの、安心して美味しくいただきました。
ごちそうさまでした (-人-)。

ただ問題は、池袋という‘B級グルメ’のメッカの只中で、この1180円の丼物をどう考えるか、だろうな。
率直に言うと、競争としてはかなり厳しいぞ。
この近辺では、1000円あれば、うな丼だって、カツ丼だって、中華丼だって、何でもそこそこ美味しく食べられるのだから。
あ、カツ丼といえば、この店の近くの看板に「ソースカツ丼」の文字を発見。
池袋で、ソースカツ丼を出すのかぁ。
チャレンジですなぁ。
今度食べてみるか…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

「豚丼 和幸」で豚丼の復習

昨日の午前中は新宿で仕事だった。
昼前に終えて、いつもならすぐに電車で帰宅しクルマで静岡西部へ向かうのだが、ちょっと寄り道。
昼メシを食べに、サブナードへ行った。

ココに「豚丼 和幸」という店があるらしい…。
Wakosubnade2007_0828_122939あ、あるある。
ずいぶん綺麗じゃん。

その名の通り、‘豚丼’の店。
それも、牛丼チェーンで出していた‘煮込み豚丼’では無く、帯広・十勝流の‘焼き豚丼’専門店だという。
それでは、帯広の「ぶた八」で食べたあの味の記憶が薄れないうちに、復習しておこう。

卓上Wakosubnade2007_0828_121604メニューには、豚丼は‘梅’‘竹’‘松’とある。
何が違うのだろうと店内を見回すと、壁のメニューに答えがあった。
肉の枚数の違いらしい。
3枚が梅、4枚が竹、5枚が松。
では、当然、「豚丼の松、下さい」ですw。

牛丼のように注文したらすぐ出てくるわけではない。
しばし待たされる。
ほとんどカウンターだけの店とはいえ、さすがに‘とんかつ’の大手「和幸」の系列だ。
ちゃんと‘焼き’の手数を踏んでいるらしい。

Wakosubnade2007_0828_122125_2あ、来た来た。

おぉ、フタ付きの丼ではないか。
う~ん、高級っぽいw。

はい、オープンっ!
Wakosubnade2007_0828_122147_2よしよし(^-^)。
盛り自体は普通ながら、ちゃんと肉々してる。
そして、香りも香ばしい。
では、いただきまーす。
味自体は、‘アッサリで甘さ控えめ’の「ぶた八」に比べると、やや甘目だ。
でも、これはこれで良いバランスで、くどくない。
肉も、柔らかい。
美味しい。
あとは、シジミの味噌汁と小さな冷奴と刻んだ漬物。
これで800円なら、イイわ。
次回食べる時は、色々‘増量’してもらうけどねw。
個人的に、新宿での食の選択肢が、ひとつ増えたぞ。

ごちそうさまでした (-人-)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)