« 浜松帰路夜 | トップページ | 低温多湿 »

2017年10月12日 (木)

14年

2003年の9月末にこのホムペを始めてから、14年ほど経ったのにさっき気づいた。
短くない時間だ。

14年前、僕は42歳。
あの頃も、あぁトシ喰ったと思っていたが、今やもう疑いようのないオッサン。
いや、初老。
だからといって、別にもうそれすら悲しくもせつなくも無い。
残り時間が順調に減っている事を、常にしっかりと心の中に保持し続けようと思うばかりだ。

息子は、大学の理工学部を出て、この4月から自動車パーツのメーカーに勤めて、新川崎で一人暮らし。
娘は、幼児教育を学ぶ大学4年生で、幼稚園だか保育園だかの職探し中。
来春にはこれも社会人になるだろう。

夫婦仲はずっと悪いままだが、僕には非は無いので、こちらから良くしたいとは全く思わない。
だが、今すぐに状況を急変させる気も無い。
ハッキリ言って、知ったこっちゃない。

ぼちぼち僕の「親業」も終わりが近づいてきて、これからは自分の事にもっとこだわろうと考え始めている。
仕事についても、趣味についても。
前者に関しては、やりたくない音楽を仕事だからといって仕方なくやるのは、どんどん減らしていこうと思う。
やりたくない音楽をやるくらいなら、別のバイトを探そう。
後者については、なるべく早急に動ける体力があるうちにバイクでの長距離ツーリングの夢を果たそう。
北海道一周とか、東日本とか、西日本とか。

もうひとつ、ここ5年ほど安倍晋三という頭の悪い極右政治家とその一派の振る舞いを見るにつけ、有識者層は政治的にどんどん発言しなければいけない、とつくづく思う。
どんなバカでもデタラメな論説をしゃあしゃあと垂れ流せるネットという場や道具が一般化してしまった以上、ほっとくとこの国はまたデタラメな方向に進む。
日本人というのはもともと排他的かつ好戦的で、けっして論理的で知的な国民ではないのだから。

ともあれ、なんやかんやで現在56歳。
14年後、生きていれば70歳。
このままじゃいけない。
少しずつでいいから、どんどん変わろう、変えよう。

|

« 浜松帰路夜 | トップページ | 低温多湿 »